PG UNLEASHED RX-78-2 ガンダム製作13(フルアーマー腰部編)

ガンプラ

今回から下半身に着手、腰からです。

先ずは新旧比較。全く形状が合いません! すんなりいくと思っていましたが難航しそうです。

細かく切断して合わせたら使えるんじゃないかと思ったのですが、長さも幅も合わず。

寸法測るにしても形状が複雑なので、プラ板当てて形状に合わせて切断することにしました。

斜めの箇所は一枚ずつ貼っています。

しかしながら、上半身の時から続けている作業とはいえ流石に面倒になっております。なので急角度でない部分はライターで炙って柔らかくして曲げる方法でいきました。数秒で固くなってしまうので素早く形状を合わせます。ただ治具を用意していなかったのでピッタリとはいかず。

※火の取り扱いには細心の注意を払っております。ですが危険なので真似しないでください。

丸焦げです。曲げた個所は丸みを帯びているのでエッジ出しします。

少しですがスジ彫りして取り合えず形になりました。もう少しディテール足すかもしれません。

フロントアーマーも凹凸多い形状なのでプラ板を直で合わせて作りました。一切寸法測っていないダメダメなやり方です。これを後3個作ります。

側面の板は長さ適当に切り出して張り付けています。隙間はパテで埋めます。寸法測ってないとこのような事になってしまいます。

形状整えた後、ディテール足して取り合えず完了です。赤いラインは今回はデカールではなくプラ板にしてみました。

サイドアーマーもパーツに合わせて板を張り付けて作りました。ヘリウムコア部分は旧ガンダムのパーツを切り離してくっ付けます。

横幅は丁度でしたが他のサイズが合いませんでした。

下側に1.5mmプラ板を貼り、真ん中に穴を空けてバーニアディテールを取り付けました。こちらはMGを真似しています。

コメント