ブレードライガーAB製作④(脚部)

ゾイド

こんにちは。前回から間が出来てしまいましたが、今回は前脚、後脚を製作致しました。

・足先

最初に前後共通の足先から作りました。

爪は4本あり×4個の計16個を始めに作ります。内側と外側でPCと取付穴が異なります。画像上側が外、下が内側になります。

フレームにつけると八の字になります(ならない場合は外側爪のPCの向きが違うと思われます)。注意点として、PCを挿す軸がかなり細いです。ゆっくり挿さないと折れますホントに。

白いパーツと足首をつけて足先完成です。爪と足首に合わせ目が出ます。

裏側です。モールドあります。

・前脚

左右のフィンみたいな部分を×2個作ります。

装甲と合わせてこうなりました。「コンプリッションリフリジェレイター」と言う名前です。この固有名詞出すのは、ここが最初で最後だと思います。

先ほどのフィンを取り付けるパーツです。下側についている波型のPCの向きに注意です。

合わせるとこうなります。

フレームと合わせます。

フィンの内側にPCへ取り付けるためのパーツをセット。向きに注意です。

波型PCを起こして取り付けます。

画像のように、たためるようになります。

シリンダーと胴へ繋げるためのパーツ(黒)と、ここでスプリング登場です。

組んだシリンダーにスプリングを仕込んでフレームに合わせます。

取り付けました。一応、スプリング無しの裏側からも。

先に組んだフレームと足先を合わせます。PCに付けにくかったりシリンダーが外れやすいので少し組みにくいです。

真ん中が空いているので、裏から別のフレームをつけます。これでシリンダーも外れなくなります。

一番上にフレーム、前側にフレームとシリンダーを取り付けます。

最後に装甲を被せ、関節キャップをつけて完成です。キャップは取付向きが固定されています。

・後脚

前脚との違いは2軸になっていることとパーツの大きさ程度で、基本的な形状、構造は同じです。

フィンは前脚より少し長いです。

後脚につくパーツ。機能は分かりませんでしたが、ディテールはあがります。

シリンダーとフレーム内部につけるパーツです。

フレーム断面はこんな感じです。

前脚と同じようにフィン裏側に軸つけ用のパーツをつけます。

こんな感じになります。同じくたためるようになりました。

装甲と関節キャップつけて後脚完成です(1個つけ忘れてます)。

気になった点としまして、フィンの可動があります。白部分は画像の様に動かせるのですが、角が赤丸部分に当たってパーツを抉って白化しています。両サイド削るか、あまり動かさないようにした方がよさそうです。

以上、脚部でした。元は先に販売されたシールドライガーのものですから、装甲以外に新しい部分というのはないです。次回は武装とアサルトブースターを製作致します。

コメント