カノントータス製作①(ランナー確認)

カノントータス

皆様こんにちは。今回は KOTOBUKIYA HMM011 AMZ-27 カノントータスを製作していこうと思います。

コマンドウルフよりも小さい、「小型ゾイド」にカテゴリーされる機体です。背中に大口径のビーム砲を備えた、支援砲撃や施設防衛向きのゾイドです。それ以外にも活躍出来る機体なのですが、その辺りの設定は完成後レビューで。ランナーを見ていきましょう。

ランナー数は13種、18個。それほど多くなく組みやすそうです。お次は個別に確認。
畳の上で申し訳ないです(笑) 次からは気を付けます。

Aランナー。頭部、胴体、尻尾、ビーム砲のパーツです。

Cランナー。2個あります。砲塔部に取り付けるキャノン砲と足先になります。

Dランナー。茶色成型色(身にくくて申し訳ないです)。胴体、ビーム砲、ゾイドコア台座になります。

Fランナー。 茶色成型色。2つあります。

Gランナー。茶色成型色です。脚部になります。

Hランナー。茶色成型色です。こちらも脚部に使用します。

Iランナー。グレー成型色です。胴体と砲塔になります。

Jランナー。薄いグレーの成型色で、2個あります。ゾイドおなじみの関節キャップです。

Kランナー。Iと同じ成型色です。胴体、脚部の装甲とパイロットが付いています。

Lランナー。茶色成型色です。

M、Nランナーとゾイドコア。Mはオレンジ、ブラウンのクリアパーツです。Nは金色のシリンダーです。

デカール。水転写式ではございません。

次回から組んでいきます! それでは。

コメント