カノントータス製作③(組立:砲台・脚部)

カノントータス

今回はカノントータスたる所以の砲台と脚部を製作していきます。

胴体に組む砲台、というよりは甲羅です。真ん中の突起に砲台を取り付けます。他にもアップグレードパーツなんかも取り付けられそうです。

センサーやダクトっぽい物などの小さいパーツです。甲羅に取り付けます。

背中に載せる砲台です。上面、側面に細かいモールドがあり、ゴツゴツしています。

お次はビーム砲です。金色のシリンダーはここで全部使います。


緑の砲身は一つのパーツで出来ているので、合わせ目がありません。ありがたいです。

砲台と合わせました。砲身の中にもディテールがあり、細部まで作られています。

からの画像と、シリンダーの取り付け位置です。シリンダーはきちんと銀で塗分けようと思います。パーティングラインがありますが、金色はそのままにするため残します。

こちらは砲台につくキャノン砲とセンサー、それと尻尾です。キャノン砲と尻尾には合わせ目が出ます。キャノン砲とセンサーを取り付けたら砲台は完了です。

最後に脚部の製作です。足先と足裏、フレームと装甲、関節キャップです。装甲とフレームは前脚と後脚で異なります(画像は後脚)。

前脚のフレームを組んだ状態です。本物の亀のように、地面とピッタリ密着します。シリンダーやスプリングも作りこまれています。肉抜き穴やパーティングラインが多くて目立ちますが、装甲を着けるのでそこまで目立たないと思います。

装甲、キャップまで取り付けた状態です。


後脚です。フレームの状態を取り忘れてしまいました。塗装して組む際に載せようと思います。

今回ですべてのパーツが組み終わりました。画像足らずな所が多くて申し訳ないです。次回は仮組みをして動かしてみようと思います。

コメント