ダークホーン製作②(頭部)

ゾイド

アルコンです。今回は頭部を製作致しました。

頭部には内部フレームはありません。特徴的なフリルの裏にパーツを付けます。ただその付け方が面倒。4つの小さいパーツがピンになっており、裏側に差し込んでからパーツをつけるという方式。取説では外装に付ける様になってますが、グレーの方に付けた方が楽です。普通に丸穴にピンでよかったと思います(この方式だからといって接続強度が高いわけでもないです)。

口は中まで細かい造形です。上下で分割されておらず、合わせるだけで開閉出来る構造。

胴体接続部と、名の由来である角(合わせ目あり)です。

口と合わせて付けました。

パイロットは3人付属。コックピットはモルガと同じものです(脱出ポッドを兼ねた、帝国のスタンダード)。

キャノピーと裏側に付ける部品です。

取り付け断面です。アイアンコング風な眼もいいなと思ったり。

キャノピーと一緒にあったパーツはこうなります。左下のフリルにパーツがないのは、ピンを無くしてしまったためです(小さく、代用が利かない形です)。

フリルの裏に取り付けるビームガン、側面に取り付けるサーチライト、関節キャップです。

頭部が完成しました。角とビームガン以外には合わせ目が出ないのはよく考えられています。ただキャノピーが若干浮くのは残念。

コメント