ディバイソン マーキングプラスVer製作⑧(塗装)

ゾイド

こんにちは、アルコンです。ディバイソンを塗装してみました。改造などしてないのに時間掛かってしまいました。

カラーガイドです。手元にない色も多々ありました(タンって何?)。

本体を塗装後、各部の排気口等をタミヤのエナメル・ニュートラルグレーで色分けしました。

グリーンはガイドと同じ色を持っていなかったのもあり、せっかくなので成型色とは逆の濃いめの緑に変更してみました。

脚部の防弾版は合わせ目を消しました。中のパーツは後ハメ出来るようカットしました。要接着剤。

溝の中の接着剤が綺麗に削れずガタガタになったので、0.3ミリのプラ板を被せることにしました。

脚部の軸も色分けしております。別パーツ感を出すために、一部グリーンを塗装しました。

メインの砲身はすべて合わせ目を消しました。近くで見るとガタガタしておりますが。黄色は塗装後にマスキングして塗りました。

ミサイルはマスキングが面倒大変なので筆塗にしました。

座席は2色を混ぜて筆塗し、シート部分を作りました。

シルバー部分は手持ちで一番重厚感あるものにしてみました。トミー版では角が金属だったとか。目のクリアーパーツは目立たせたかったのでシルバーを塗装後、クリアーオレンジを吹きました。他のクリアーは未塗装。

砲台の内側は細かいディテールありますが塗分けておりません。組み立てると全く見えなくなるので省略しました。

以上が大まかな作業内容です。本体はつや消し、シルバーは光沢クリアーを吹きました。続きましては組立後でございます。

蹄に合わせて、リベット部分をつや消し後に筆塗してみました。

角や蹄のシルバーはいい感じに出来ましたが、それ以外はなんというか……可もなく不可もなくといった出来になりました。ディバイソンはウェザリングとかが合いそうですね。

デカールについて

製作して分かったんですが、デカールのクセがすごかったです。画像のは全て「レスキュー」と書かれたもので、これは緊急脱出装置の場所を示すものです。色んなパターン、色違いがあるのはいいのですが、「Caution」マークや機体ナンバーより多いんですな。他ゾイドに使う前提なのでしょうが汎用性が無さ過ぎます。ディバイソン単体に対しては大きさ、種類共にバランス悪い構成でした。後は何のマークかも分からないのがあったりで、マーキングプラスというならばもう少し使いやすいものを付けて欲しかったです。

以上、ディバイソンの塗装でした。とてつもなく地味な仕上がりになってしまったので、ウェザリング等を追加してみようと思います。

コメント