バーサークフューラー リパッケージVer製作⑤(武装)

ゾイド

今回は最後の部位、武装の「バーサークユニット」を製作しました。2つのバスタークロー、ユニット本体、クローを動かすアーム、ブースターという構成です。

ユニット

基礎部分。ここにアームとブースターを取り付けます。

こんな風に可動します。

アームは段凹モールド化されています。組み立ての際、軸が恐ろしくキツキツだったので少し削りました。

アームは上下に加え、捻りも出来ます。

背部へ取り付ける部分と、後ろに付けるスラスターです。造形が細かいです。

ユニット完成です。アームも綺麗に収まっています。

合わせて動かすとこんな感じ。単体だと別のロボのようにも見えます。

イオンブースター。小さめのノズルが3つつきます。

外装で挟みます。上側は合わせ目が出ますが、後ハメ加工出来そうな構造です。

ブースターは側面に付き、外側の穴はピンで塞ぎます。

バスタークロー

長さ約15cmあるクローです。軸は合わせ目、肉抜き穴が出ない様になっています。クローの刃には合わせ目ありますが、線が細いのでさほど目立ちません。

クローとアームを繋ぐ軸です。ビームガンとしての機能を持っているので造形細かく出来ています。

六角形のパーツはクローをまとめるもので、コトブキヤオリジナルのパーツです。成型済みで差し込むだけです。

バーサークユニットの完成です。

以上、武装の製作でした。

コメント