HG RX-78-2 ガンダム「BEYOND GLOBAL」製作②(レビュー)

ガンプラ

こんにちはアルコンです。今回はRX-78-2 ガンダム「BEYOND GLOBAL」のレビューをしていきます。

・上半身

メインカメラ等は分割式なのですが、外装が一枚成型で出来ています。最後にシール貼って完了。

ダクトは内部フレームと1つで、内側からの取り付け。コックピット扉からは内部フレームが見えるようになっています。

・腕部

このキットはポリキャップを使用しておりません。可動する部位はカチッとハメます。

肩へは外装と挟み込んでつけます。肩アーマーも1枚成型で、上から被せるだけです。

・腰部

脚部軸は前後に大きくスイング出来る構造になっています。

お馴染みVマークはなんと分割されております。フロントアーマーも切断するよう指示がありました(昔はここを切断するのがお手軽加工の見本でした)。

・脚部

足首はボールジョイントではなく多軸。脚部も外装と内部フレームが一つになった構造。

・武装

ビームライフルは本体部分に合わせ目あり。砲身とグリップには出ません。スコープは分割されています。

内側のフレームがきちんと作られています。外側はフレームの一部が露出するデザインに。

・全体

目を引くのは腰周りと脚部の細さではないでしょうか。アスリートのような体型です。

・上半身

頭部は前後左右にグリグリと動かせます。

大きく動くわけではありません。標準な可動域だと思います。

・腕部

肩は可動範囲が広がっておりほぼ真上に上げられます。腕も90度近く曲がり、手首の可動域でさらに内側に動かせます。

前にも引き出せるので色んなポーズも可能です。

・下半身

脚も折りたためるぐらい曲げられ、足先も伸ばせます。しかしつま先の肉抜き穴は中々なもので、直立してても見えてしまいます。

スイング出来る構造の為、前に伸びます。腰と脚合わせて3軸あるので動かせる角度が大きいです。

足首は一般的なボールジョイントではなく3軸構造。きちんと斜めに傾けられます。

・武装

基本の物が付属。ビームライフルのアレンジは少な目です。シールドは結構小型化され、フレームの一部が見えるデザインに。持ち手はライフル用(右手のみ)、平手(左手のみ)が付属します。

ライフルの両手持ちポーズがすんなり決まります。恐るべしビヨンド関節。

シールドは腕の溝に合わせて取り付けます。塗装派の人はちょっと大変。

シールドにも可動軸があるのでポーズの邪魔になりません。

背中に手を回してサーベルを持てます。

両手持ちが格好良く決まります。

・ポーズ

お馴染みの射撃シーン。無理やり感なく再現出来ます。

股下にベース取付穴があります。一応、オープニング最後のカットのつもりです……ベースはフィギュア用の物を使用していますが、穴が白化したのでガンプラ用ベースを使いましょう。

お気に入りは脚。スラッとしており、とてもしなやかなので宇宙でのポーズが他ガンプラより綺麗です。

最後はオリジン版ガンダムと比較。オリジン版は武骨な感じで、ビヨンド版はとてもスマート。

以上、HG RX-78-2 ガンダム「BEYOND GLOBAL」のレビューでした。他のガンダムよりもかなりスマートで、可動域の広さにバンダイの技術力を見ました。頭部や腰のパーツ分割、合わせ目が出ないデザイン等進化し続けていますね。全体的なデザインの好みは分かれると思いますが、動かすことが楽しいプラモデルです。このフレームを使って他バリエーション機等に期待したいです。

コメント