ライトニングサイクス マーキングプラスVer.製作②(頭部・胴体)

ゾイド

今回は頭部と胴体を製作致しました。

頭部

頭部外装。内部フレームはありません。

カメラアイや牙は内側に取り付けます。

首軸です。小さくて短いので負荷に注意。

取付ました。コックピットと牙は1つのパーツになっています。

パイロット用意し、外装合わせたら頭部完成です。

胴体

首の構成です。

軟質のケーブルを使用します。赤丸の溝に合わせます。

合わせて首の完成です。

頭部を差し込むときは、溝に合わせます。

胴体後部の構成。ここを基準にパーツを付けますので先に作ります。

前後を繋ぐ軸です。

後脚をつける部分です。ここのポリキャップを付けるパーツ、取説では接着剤の推奨をわざわざ記載しています。が、強度的にはさほど問題はありません。

軟質ケーブルはスライドするようになっています。

後部完成です。コマンドウルフみたいに、バイクを思わせるフォルムです。

胴体前部。シルバーのパーツはケーブルまで作られており、合わせるだけで情報量アップします。

前部の背に乗せるパーツ。フィンは差し込み式で、非可動。

胴体下につける「AZ2連衝撃砲」です。自壊率が高く、接着剤必須なのは確実にこちらです。

それぞれのパーツを合わせます。

胴体フレームの完成です。

コア台座です。今回コアを固定するピンはないですが、抑える部分が可動します。

排気口と一緒になったコア台座完成。

各所に装甲を取り付けていきます。

前部装甲の取付画像。取説が見にくい&はめにくいです。

空間が出来るのでゾイドコアを差し込みます。

最後に尻尾を作ります。根本がボールジョイントで、2軸あります。

装甲はめて完成です。

首、胴、尻尾繋げて完成です。コマンドウルフと似た構造ですが、ケーブルのスライドギミック等が進化しています。

以上、頭部と胴の製作でした。

コメント