RGエヴァンゲリオン初号機製作⑥ 塗装

エヴァ

水転写式デカールが発売されたので、塗装して貼っていこうと思います。先ずは下準備。

細かい分割で色分け再現されているのですが後ろから見ると隙間が多々見られます肩のウェポンラックで見えない所ですが埋めていきます。

私が下手なんですが、やっぱり構造的に綺麗に埋められる所ばかりではありませんでした。こういう箇所はプラ板を貼り付けようと思います。

こちらはふくらはぎ。左右分割なので中央に合わせ目が出ます。不自然にならない造形になっていますが消しました。

左右分割なので接着することにより取り付けが不可能に。フレームと装甲をカットして後ハメ出来るようにしました。

胸部、脚部の溝を少しだけ埋めました。

腕部も中央に合わせ目が出るので消しました。肘等は分割されているので加工の必要はなし。

頭部は少しだけモールド彫りました。

その他ほんのりプラ板を足しています。

塗装にはガイアノーツから販売されているコンセプトカラーを使用致します。

メインのパープル塗装。成型色より明るい紫色です。

グリーンの塗装で右側が塗ったもの。他の色は光沢なのに緑だけつや消しでした。

胸部のシルバーパーツはダークグレーに。

手甲のシルバーはカラーガイドを参考にして塗装。スモークグレー(6)+シルバー(3.5)+クリアブルー(0.5)+クリアレッド少量という難し目な配分。

取り合えず塗装完了しました。デカール貼るのでクリアコートしていない状態です。サーフェイサー等で下地は作らず、成型色の上から塗装しました。少し厚めな塗膜になってしまったのもありテカテカで全体的に配色が明るくなっています。

関節はアルティメットブラックを使用。肩のウェポンラックはブラック(7)+ホワイト(3)+ブラウン容量のガイドを元に塗装したので黒に近いグレーになっております。

手甲のリベットはタミヤ エナメルのゴールドで筆塗。付属デカールにリベットあったのですが、使うとそこだけ浮くので止めました。

デカールは新規に発売された水転写式を使用します(デザインはキットに付属していたものと同じ)。

各部にデカール貼りました。位置は取説そのままでございます。ただ水転写式がちぎれてしまったものがあったので、一部キット付属のリアリスティックデカールを使用しています。

段差が目立ってしまうのでクリアコートはしておりません。なので動かすと塗膜剥げます。エヴァの装甲って光沢なのかつや消しなのか悩みまして、結局艶ありのままにしました。

歯をエナメルのホワイトで筆塗。赤部分をエアブラシで塗装した時ディテールが潰れてしまい、歯の形状が分かりにくくなってしまいました。

若干のスジボリ、エッジ出し、腕の合わせ目消しをしましたがそれ以外は殆ど変えていません。元が非常にいいキットなので手を加えませんでした(ビビり)。分割が細かいので塗装も割と簡単でした。他のエヴァを作る際はもう少しアレンジ出来るように精進します。

エヴァ
スポンサーリンク
シェアする
アルコンのゆったりプラモ

コメント