RGエヴァンゲリオンMark.06 レビュー

エヴァ

こんにちはアルコンです。今回は「RGエヴァンゲリオンMark.06」のレビューです。

全体

機体色のダークブルーは成形色で再現されています。関節はジャーマングレーのような黒寄りの色。腕、胴体に新規造形のパーツが使われており、胴は関節が一つ増えています。

頭部のイエローラインは分割で再現されています。

角は初号機と同様の技術でラインまで成形済みです。

側面から。複雑な形状ですがエッジ、メリハリ効いて作られています。

バイザーの下にはきちんと目があります。バイザーは少し外しにくいです。

他エヴァでは共通だった肩のウェポンラックは湾曲した独自の形状になっています。

その形状によりナイフの格納機能はオミットされています。

劇中では一度も出会うことがなかった初号機(覚醒前)と比較。上半身以外に違いはありませんが頭一つ分大きいです。胴の長さ、腕の太さの違いが分かります。

付属品

従来のエヴァと共通のハンドパーツに加え、カシウスの槍用の持ち手が追加されました。またMark.06にはライフルが付属しないので銃用持ち手は使用しませんナイフ用持ち手は白い手甲を槍用に使用しているので外れた状態になっています。

これだけのパーツが余剰です。今回ライフル、ケーブルは付属しません。

キーアイテムであるカシウスの槍が新規造形で付属。長さは約26cm、先端と柄に分かれており切り離して差し込むだけで出来るので合わせ目が出ません。

緑の装飾にはクリアパーツが使用されています。

反対側の螺旋構造も成形済みです。ただ先端のエッジなどは鋭くなく、側面も平らです、

空から降りてきた際に頭上にあった光輪を再現したパーツです。ピンク色でグラデーションかかっています。

取り付ける際には折り曲げます。

取り付けるにはこちらのクリアパーツを使用します。

根元に挟み込んで取り付けます。

本体に取り付けるには背中のケーブルを差し込む穴を使用します。四角い穴はアクションベース4に対応しておりディスプレイ時に使用します。

こんな感じで取り付けられました。光輪は折り曲げているので無理に動かしたりすると簡単に折れてしまうので注意が必要です。

デカールは通常のシールと金属表現のメタリックに分かれています。

右側が見づらいので拡大。

可動域

他エヴァ同様に柔軟でしなやかなポージングが取れます。同じランナー使っているから当然なんですが。

持ち手はあるので劇中では使用しなかった武装を持たせてのポーズを取らせることが出来ます(プラモデルのいい所です)。ただしライフルは付属していませんので拝借する必要があります。

槍は専用持ち手に付け替えて持たせます。残念ながらナイフ用では代用出来ませんでした。腕関節がしなやかなので他プラモよりも簡単に両手持ちが出来ます。バランスを取れば槍の重さで倒れることはありません。

アクションベースを使えば新劇場版:破のラスト、空から光臨する姿を再現することが出来ます。私がバンダイのアクションベース4を所持していないのでコトブキヤのフライングベースで代用しております。

以上エヴァMark.6のレビューでした。可動域は共通のものなので新鮮味等はありませんが頭部、肩の独特の形状を分割線と合わせ目なしで再現しています。付属のカシウスの槍もエッジこそないものの螺旋形状を1つのパーツで成型しているので切り離すだけでクオリティ高い物が簡単に出来ます。劇中では並ぶことが無かった零号機や2号機と並べて楽しみたいと思います。

エヴァ
スポンサーリンク
シェアする
アルコンのゆったりプラモ

コメント