RGエヴァンゲリオン3号機 レビュー

エヴァ

こんにちはアルコンです。今回はRGエヴァンゲリオンシリーズ6体目、3号機のレビューです。

RGエヴァレビューはこちら

全体

真っ黒なイメージのある3号機ですが実は青が混じっているダークブルーな外装。成型色ではネイビーブルーに近いです。関節は他エヴァと同様にブラック。

基本構造、頭部以外の外観は2号機と全く同じ。

RGエヴァの特徴の一つに、独特な頭部の再現度の高さがあります。3号機も細かい分割と曲面の成型により劇中さながらの頭部に仕上がっています。

口が大きく開き、保持力もあるので好きな角度で止められます。歯と舌も作られています。

エントリープラグ挿入部の開閉やウェポンラックと基本ギミックもそのままございます。

付属品

3号機用の新規デカールが付属。

エヴァ共である通の専用アサルトライフル、プログレッシブナイフ(展開、格納用の2種)、エントリープラグ、アンビリカルケーブルが付属。

ハンドパーツもシリーズと同じ豊富な種類が欠品なしで付属。

新規パーツとして3号機輸送時の「エヴァンゲリオン専用光学系保護カバー」が付いてきます。非常にマニアックな部分が初立体化で付属なのは素晴らしいことなのですが、取り付けにくく紛失しやすいです。

キットには3号機と一緒に劇場版:序で使用したESVシールドが付属します。1つ1つのパーツは大きく作られており組立も簡単です。自立させるためのパーツと専用の握り手も付属。

下部にはシールドを固定するためのパイルバンカーがあり、上下に動かせます。

台座パーツはバンカーの先に挿して使用します。一応自立させられます。

全長約20cm。劇中同様、エヴァまるまる隠れる大きさです(零号機は別売りです)

専用握り手を使って好きなグリップに持たせます。

劇中の構えたポーズ等もしっかり再現出来ます。可動域の広いRGエヴァですが微調整が必要で、腰を据えた感じで持たせると安定します。

シールドは実は2枚構成で上部の白い部分は取り外しが出来るようになっており、小型シールドとして使用出来ます。

チラッ。中央上部のイエロー部分が覗き穴になっています。

初号機とセットで、プラモデルでもついに劇場版のシーンを完全再現することが出来ます。

零号機のランナーを使用しているので零号機分がそのまま余剰パーツです。

ポーズ

関節がしなやかなのでストレスなくポーズが取れます。劇中では使徒と戦うどころか乗っ取られてしまう3号機。披露するこなく終わった武装を構えてのアクションが新鮮さもあってカッコイイです。

第9の使徒の姿を再現することは出来ませんが、口を限界まで開いて腰を屈めたりすればそれっぽく見せることが出来ます。流石に四つん這いには出来ませんでした。

・おまけ こちらは同時に発売されましたRGエヴァンゲリオンデカールです。零号機、初号機それぞれに付属していたドライデカールを水転写式に変更し、プラスどのエヴァにも使える汎用性あるものが付いています。水転写なのでデカール枠が目立ちにくいですが代わりに光沢感を失いました。

0、初、2、3と並べてみました。この4機で活躍する映像をみたかったですね。

以上、エヴァンゲリオン3号機のレビューでした。RGのディテールの良さもあり、3号機としての立体物では一番の出来ではないかと思うぐらいにクオリティ高い造形です。付属のESVシールドも既存のフィギュア用にも負けない高い完成度。エッジ付近を丸めたりせず、変なアレンジがないのが良ポイントだと思います。

気になる部分では腕周りのパーツが外れやすいという点があります(RGエヴァ共通の難点)。共通フレームなのでしょうがないのですが、シリーズがまだまだ続きそうなので何処かでアップデートして欲しいと正直思います。

ESVシールドが付属されたことにより今後のオプション展開にも期待が持てるようになりました。個人的には第9の使徒再現パーツなんかを出して欲しい所です。

コメント