RGエヴァンゲリオン初号機 シン・エヴァンゲリオン劇場版 レビュー

エヴァ

こんにちはアルコンです。今回はRGエヴァ初号機のシン・エヴァンゲリオン劇場版のレビューです。

こちらは劇場版4部作の最終作に登場した初号機の立体化で、プレバン限定販売になります。

※可動域、ギミックの紹介は割愛しております。気になった方はよければこちらから。

その他RGエヴァレビューはこちら

本体

最初に発売されたRG初号機のカラーリングをシン・エヴァンゲリオン劇場版カラーに変更されたものです。本体の紫は彩度が上がり、目と緑部分に蛍光カラーを使用することで劇中カラーを再現しています。暗い所で見ると疑似発光しているように見えます。変更点はカラーリングのみなので、構造等に目新しい箇所はございません。

第一弾の初号機と比較。といってもカラーリング以外に違いは無し。

更に夜間戦闘仕様を並べて。同じ初号機でもそれぞれに趣があっていい、と思います

付属品

従来のエヴァと共通のハンドパーツに加え、カシウスの槍用の持ち手が追加。 Mark.06と同じ仕様で手甲が無く、付け替える必要があります。

エヴァ共通の専用アサルトライフル、プログレッシブナイフ(展開、格納用の2種)、エントリープラグ、アンビリカルケーブルが付属。

今回の初号機にはカシウスの槍が付属されており、Mark.06についていたものとの違いはありません。

リアリスティックデカールはRG初号機無印と同じものが付属。

ポーズ

RGエヴァ特有の広い可動域と高い柔軟性で様々なポーズが可能。劇中で未使用の武器を持ってのポージングはプラモデルならではの楽しみ方です。

カシウスの槍はストレスフリーで両手持ちさせることが出来ます。構えて自立もしますし、槍で動きを阻害することもありません。

おまけ:専用拘束兼移動式射出台セット

こちらは同時に受付、発売されたエヴァ射出台。専用の箱が用意されていました。

こちらもRG初号機無印についていたものと同じ仕様で、ギミック等に変更はございません。

エヴァが載る部分の色分けマーキングシールが付属。塗分けが細かい箇所なのでありがたいです。

A.T.フィールドエフェクトパーツが付属。DX初号機のものは反射成分入りでしたが、こちらはシンプルな仕様。

汎用水転写デカールが一枚付属。右側にはネルフ、ヴィレのマークや射出台に使える「DANGER」や「危険」と書かれたものがあります。左側には零号機、初号機、2号機、8号機αそれぞれのデカールが。これが見ずらくてですね、「EVANGELION-01 TEST TYPE」という感じで機体名が書いてあります。

以上、RG初号機 シン・エヴァンゲリオン劇場版のレビューでした。本体構造や可動域、ギミックに変更点はございませんが、RGエヴァは成型色による劇中カラーの再現度が高く、素組でも十分なクオリティになっています。カシウスの槍が付属しますが、そこはガイウスの槍にするべきでは? とは思います。今回の初号機のようなカラバリ展開を今後も期待したいです。

エヴァ
スポンサーリンク
シェアする
アルコンのゆったりプラモ

コメント