RG正規実用型(ヴィレカスタム) 8号機α

エヴァ

こんにちは、アルコンです。今回はRGエヴァ第4弾は真希波・マリ・イラストリアス搭乗する正規実用型(ヴィレカスタム) 8号機αのレビューです 。

派手なピンク色の外装を成形色で再現。エヴァ独特のフォルムを作るパーツはそのまま引き継がれています。

アンビリカルケーブル、プログレッシブナイフ、パレットライフル、エントリープラグとお馴染みで共通のものが付属。

マニピュレータは共通の6種の他、長距離用ライフル専用のものが追加されています。

余剰パーツがこれだけ出ます。

Q冒頭で使用した「超長距離ライフル」が新規造形で追加されました。細い銃身は1つのパーツで成型されており、気を付けないとポッキリと折れます。

見えなくなりますが内部にもディテールがあります。

スコープにはクリアレッドが使用されています。右側パーツには十字のモールドが入っています。

スコープとグリップはスライドさせることが出来ます。

頭部は細かい分割により形状を再現。2号機と同じく複眼はクリアパーツ仕様です。

RGエヴァシリーズの優秀な可動域を引き継いでいます(同じフレームなので当たり前ですが)。可動域はこちらで書いております。

劇中では使用するのを見ることは出来なかった武装も、持たせてポーズ撮れるのはプラモデルのいい所です。

平手の新たな使い道として、謝罪ポーズの再現が可能となりました。

エヴァよりも長い超長距離ライフル。重心に気を付ければ支え無しでも持たせたままポーズが取れます。

専用の持ち手はボールジョイントが斜めになっているので、腕関節の柔らかさと合わさり好みの位置で構えることが出来ます。自然な形でポーズが取れ、強引に持たせた感はありません。

一度も顔を合わせたことが無い初号機と夢の2ショット。

そしてRGエヴァ勢揃い。

以上、8号機αのレビューでした。あいも変わらず成形色でのカラーリング再現が見事です。付属のライフルも少ないパーツ数ながら作り込まれ、ギミックもあります。あえて言うなら付属品がもう少しあればと思います。

エヴァ
スポンサーリンク
シェアする
アルコンのゆったりプラモ

コメント