セイバータイガー製作⑥(完成レビュー)

セイバータイガー

完成しましたセイバータイガー。レビューしていきます!

・フレーム

装甲をつけても結構露出する内部フレーム。でもご安心。コトブキヤのアレンジが加わり格好よくなっています。

・全体

セイバータイガー完成です! とても良いスタイルでカッコいいです。個人的には横顔がグッときました。

・頭部

キャノピー開閉。パイロット乗せるとこんな感じです。

下顎は大きく開きます。これ以上動きますが、開きすぎるとカッコ悪くなってしまいます。

正面からだとこんな感じ。

首はボールジョイントなので上下左右にグリグリ動かせます。

首元のシリンダーです。

伸縮出来ます。

尻尾は表情豊かに動かせます。

上下に動かせ、先端は左右に振れます。

・胴体

少し伸ばせます。

・脚部

爪は独立していて、上下に1本ずつ動かせます。

前脚です。関節は1軸。こちらは素の状態。

曲げるとスネの上半分がずれて延長されます。その際、内部が見えるようになるというとても凝った造り。

後脚です。関節は2軸。

ギミック等はありませんが、画像のようにピンと真っすぐ伸ばすことも可能です。

・武装

「対ゾイド3連衝撃砲」と「小口径対ゾイドレーザー機銃」です。機銃は左右に動かせます。

「AEZ20mmビームガン」です。上下に動かせます。

「対ゾイド30mm2連装ビーム砲」、「地対地ミサイルポッド」、「複合センサーユニット」がまとまって搭載されています。

ビーム砲は左右に、センサーは前後に可動します。ポッドは不動。

「TEZ20mmリニアレールガン」が尻尾についています。上下に動かせます。

牙は「キラーサーベル」という名称です。

・ポーズ

各部が干渉せず、細かく動かせて保持出来るので、色々なポーズが取れます。

こんな風に立たせることも出来ます。

・製作して

本当ならばもう少し動かして大きさ比較をしようとしたのですが、各部がポロポロ取れてしまい、ついには両前脚が空中分解してしまいました。ここから つけ直す⇒分解⇒つけ直す⇒分解 の無限ループになってしまい、現在修復中です(泣) 私の手元のキットは全体的にポロリ率が高くて困っています(個体差というやつですかね?)。 塗装する予定でしたので最終的にはバラすのですが、各部に接着剤を使用する予定です。

驚いたのは合わせ目とゲート跡の少なさです。スタイルと可動域を両立させながらの造形は素晴らしいです。是が非でもライバル機のシールドライガーを並べたいです。ただ、各部に取付が甘い箇所があるので、塗装しない、ガシガシ動かしたい方は接着剤でくっつけてしまいましょう。

以上、セイバータイガーでした。次回の製作物は未定でございます。もしかしたら何かを塗装してるかもしれません。出来ましたらその時に。ありがとうございました!

コメント