ゴドス・リパッケージver製作⑦(完成レビュー)

ゴドス リパッケージver

こんにちは。すべての部位が完成しましたので、レビューしていこうと思います。

「小型ゴジュラス」の異名通り、フォルムはコンパクトにしたゴジュラスという感じです。

・全体

各部のディテールが細かく、脚部の大きさもありガッシリとした印象です。次は各所動かしてみます。

・頭部

ボールジョイントで繋がっております。が、下を向かせることは出来ません。

ここまで上に動かせます。

左右にはグリグリ動かせます。ちなみに、座席が安定しないのでパイロットが転げまわっております。

ジョイントは互換性があり、他の部位の武器もつけられます。

・腕部

肩はこのような造形。

ボールジョイントになっています。

腕は上下左右に、自由なポーズが決められますが少し難点が。密度の高さが災いし、動かすたびに関節キャップやら武器やらに干渉しまくります。正直言うと動かしにくいです(汗)

上下に動かす際は、ジョイントを3分の1見える位まで出します。

干渉せずに動かせました。ただし、横にすっぽ抜ける可能性もあるのでゆっくり動かします。

・脚部

足先が大きいので、片足立ちが出来ます。これすごいですね。設定でも、この強力な脚を必殺技として使用していたそうです。しかし、足先はほとんど可動しませんので表情はあんまりつけられません。

安定した前傾姿勢も取れます。ゴドス、いきまーーす。的な感じで。

尻尾も使って屈んだポーズが出来ます。

・尻尾

左右に動かせますが、可動域はほぼ無いです。

反面、上下の可動域は広いので、垂れ下がった尻尾も表現出来ます。背ビレも少し動かせます。

バルカン砲2門と支えがついています。

・武装

肩、胴ともにバルカン砲がついています。

胴体のもここまでの可動域がありますが、ほとんど動かせなくなります。

肩のは前後に動かせますが、干渉が半端ないです。

重装甲型

頭部を変更しました。これが「後期ロット」です。元々はこの頭部で、全体がシルバー色の装甲のものが販売されました。次は武装を取り付けます。

左側のバルカン砲を外して、「30mmビームランチャー」に取り替えます。

両肩のバルカン砲を外し、ビークルを取り付けます。

尻尾の右側にレーダーに付け替えて、ゴドス重装甲型・指揮官機の完成です。ビームランチャーの持ち手は位置調整が出来るので、手に持たせた感が出せます。

指揮官っぽく、何か指示してる風なポーズとらせてみました。

・大きさ比較

同シリーズのコマンドウルフと。ウルフがデカく感じます。

カノントータスと。いやこれゴドスが小さいんですかね? 分かんなくなってきました(笑)

ガンプラ・HGガンキャノンと。しっくりくる大きさです。

ゴジュラスの足と。進軍中だったら気づかず蹴り上げてしまいそう。その位のサイズ差です。

感想

小さいながらも各部位のディテールや可動域も広く、完成度の高いキットです。指揮官機にも出来る仕様なので、複数体並べて小隊を組んで飾っても良さそうです。

個人的な難点としまして

  • 価格が高い
  • 可動域は良いが、動かしにくい

の2点です。ゴドス1体分でMGサイズのガンプラが買えます。HGなら3体買えるお値段。手が伸びにくい(汗)

可動に関してですが、腕にしろ脚にしろ、どこかに当たるので動かしにくいことがあります。パーツがポロリすることはないですが、部位によっては軸が細かったりするので、根元から折れるかもしれません。動かすときはゆっくりとしたほうが良いと思います。

以上、ゴドス・リパッケージverでした。何やかんや言いましたが、完成度の高いキットなのは間違いないです。他のゾイドと一緒に並べたくなる、そんなキットでした。共和国ゾイドばかり作っていたので、次回は帝国ゾイドを作ろうかと予定しています。ありがとうございました。

コメント