ブレードライガーAB製作⑥(完成レビュー)

ゾイド

こんにちは。今回は完成したブレードライガーのレビューをやってみます。

各部がスラッとしているのがコトブキヤゾイドの良い所ですね。エッジも鋭く、密度もあってカッコイイです(思い出補正も入っていますが)。

正面から。このたてがみの様なバランサーが全体のシャープさを出していると思ったり思わなかったり。

・頭部

頭部のバランサーは起こすことが出来ます。側面のは4本同時に動かします。

頭部可動域は、上以外は良好です。ブレードライガーになったことにより、干渉部位が増加しております。

・脚部

爪は独立しており上下に動かせます(左右はさすがに無理でした)。

頭部のように、フィンを起こして展開させることが出来ます。

・尻尾

ギミックはないですが、多少向きを変えられます。

上に向かせてみました。細かい調整は出来ません。

・武装

・背部ブースター

デフォルト装備のブースターです。カバーを上げて展開させます。ディテールが細かいです。

ブースターの軸は少し伸ばせます。

・レーザーブレード

名前の所以であり本機の象徴であるレーザーブレードです。元のトミー版よりモールドのアレンジや、エッジが効いています。

展開する際にシリンダーあるのは個人的にポイント高いです。ただ、外れやすくもあるので注意です。

ブレードは角度を変えることが出来ます。

刀身は伸縮出来るようにアレンジされています。

ブレードと一緒に「パルスレーザーガン」も装備されています。

・アタックブースター(AB)

ブレードを一度外し、AB用の軸の内側に付け直します。

AB装備状態です。一気にボリュームアップしましたが、これ位のほうが全体的なバランスがいい気がします。子どもの時に見ていたアニメのシーンが自然と蘇りました(泣) 覚えているもんだなぁ……

側面から。

カバーを開けてブースターを展開。シルエットが一気に大きくなります。

もう一つのギミック、内臓武器の「AZハイデンシティビームキャノン」です。軸を伸ばしてABを反転させ、フレームを伸ばします。

ディテールがカッコイイです。個人的にはブースターよりこっちのギミックの方が好きです。

展開して格闘戦態勢。ABが重いので、パーツが外れやすくなっております。

ブレードとABは個々に動かせます。これで敵機を切断って、今思うと結構無茶ですな(笑) カッコイイですけどね。

・大きさ比較

コマンドウルフと並べました。ABのせいでしょうか、ライガーがデカすぎる気がします。やっぱりシールドライガーと並べるのがちょうどいいんでしょうか。早急に作らねば。

・感想

可動範囲やプロポーションは素晴らしいのですが、HMM初期のキット、発売されたときのままなので、製作難易度は最近のHMM、ガンプラ等に比べ高めです。なおかつパーツのポロリ度が高いので、動かしているとつい溜息が出てしまいました(笑) ギミックに対して接続強度が足りていません(AB、脚部が特に)ので、接着剤を使ってしまいましょう。最近のガンプラみたいに、ネット限定でもいいのでプチリニュールしたver1.5的なやつを出してくれたら嬉しいですマジで。

以上、ブレードライガーABでした。私はHMMを最近作りだしたので、ABが同梱されての再販はラッキーだったのですが、多くの方はバン仕様を出して欲しかったのではないでしょうか。しかしブレードライガー入手のチャンスでもありますから難しい所です。この後は放置しているDCSを早急に製作していきます。ありがとうございました!

コメント

  1. 魔王ฅΦωΦต大佐 より:

    私は、バックに、模造紙を使ってます。大きさはA1なので、でかいです(^^♪
    最初は、露出などの関係から、ペイルグリーンを好んで使ってましたが、この5年くらいは、黒色を使ってます。
    バスルームの電球をLEDの昼間色(青白色/寒色)にして、壁の白系のポリウォールを、レフ版代わりに使ってますw
    最初は、ちゃんと、カメラを使ってましたが、最近は、もっぱら、iPhoneのカメラですw