コトブキヤ勇者プラモデルシリーズ デューク&ファイヤーパーツ レビュー

勇者ロボ

こんにちはアルコンです。今回はコトブキヤで展開している勇者プラモデルシリーズより、勇者警察ジェイデッカーに登場するデュークとファイヤージェイデッカー再現用パーツのレビューです。

他のコトブキヤ 勇者プラモレビューはこちら

騎士(ナイト)刑事 デューク

変形ギミックを無くしてプロポーション追及モデルな為、各部メリハリ効いたスタイリッシュな造形です。基本構造は前回のデッカードと共通です(顔のラインのみスミ入れしております)。目や胴体のクリアパーツ、フロントガラスやエンブレム等パーツ分け、彩色されています。ただ肩の十字はなにもなく、シールも付属しないので造形がいい分目立ちます。気になる箇所としては胴体と腰の間がスカスカで、宙に浮いているような見た目になってしまっています。デッカードだとそこまで気にならないのですが共通パーツの弊害か、デュークだとかなり目立ちます。

付属品はハンドパーツ4種、拳銃、両手剣、3種類の警察手帳、表情違いのフェイスパーツ、ディスプレイスタンド対応パーツ。

ハンドパーツは敬礼、平手、指差し、手帳用持ち手、拳銃と手が一体になったものが付属。敬礼は新規パーツで、デッカード用も付いているので2個ずつ付属しています。

両手剣は持ち手と右手と一体になった状態で付属。色分けは一切されておりません。

警察手帳は閉じた状態、開いた状態、中間の状態の3種が付属。好きなシーンに合わせたものがチョイス出来ますが色わけ、シールはありません。

フェイスパーツは通常に加え微笑みと叫びが付属。色の関係で通常と微笑みの違いが分かりにくいのでスミ入れ推奨です。

顔はボールジョイント接続でグリグリ回せますが、前後上下のふり幅は控えめです。

胴体はピン軸なので捻りは特に不自由なし。前後の可動範囲は狭めです。

腕部関節は引出し式で、曲げる際は前腕を伸ばして関節を出します。

肩が干渉して水平まで上げることは出来ません。

肩関節も引き出し式で前に伸ばせます。

脚部は向きを変えられます。

可動域はそのままだと狭い範囲でしか動かせないですが、股関節もスライド出来るようになっています。

両手剣、左手持ち拳銃が追加されたので劇中シーン再現やアクロバティックなポーズを取らせてカッコよくディスプレイ出来ます。可動域も広いため両手で構えられるのも良ポイントです。

ブレイブポリスのリーダーとサブリーダーが揃い、共に敬礼も出来ます。しかしながら敬礼手はそれぞれに付属させるべきアイテムだなぁと思います。

ファイヤージェイデッカー再現用パーツ

頭部、胸部、フロントアーマー、左右の腕アーマー、鞘で構成されています。グレート合体パーツとしては少な目な印象。

新規武装にファイヤーソードが付属。通常のものとパース用の2種類あります。シャープな造形で、根元の模様もあり細かいところまで綺麗に作ってあります。

大警察合体

合体時にはジェイデッカーのパーツを一部取り外します。

ジェイデッカーとデュークファイヤーが合体した姿、ファイヤージェイデッカーです。グレート合体なのですが造形重視モデルのこちらは玩具のようにボリューム感はなく、アニメに忠実な姿をしており再現度はかなり高いです。

頭部は彩色済みの物が付属。角飾りの関係でジェイデッカー付属の頭部は使えませんので丸々差し替え。胸部には 「BRAVE POLICE」 の印字もあります。

装飾は角度が変えられるので可動の邪魔にならないようになっています。

右腕にはマニピュレーターアームを装備。伸ばすことが出来ます。爪は動きません。

左腕にはドリルアーム。丸みが無くシャープな造形です。

あまり見ることのない足裏にもディテールあり、バーニアもあります。

勇者プラモ共通の引き出し関節により、鞘を持っての抜刀ポーズを取ることが出来ます。

更に前に構えての両手持ちも出来ます。バンダイのスーパーミニプラとコンセプトが違うだけあって、可動域ではコトブキヤが優れている印象です。

上段の両手持ちも出来ますので必殺の流れも再現可能。パースを変えた剣にすれば更に迫力が増します。炎エフェクトパーツが欲しくなります。

マックスキャノンを装備した、ファイヤージェイデッカー・マックスキャノンモード。胸部への干渉はなく、しっかり構えることが出来ます。

以上、デューク&ファイヤーパーツのレビューでした。デュークは共通関節なので目新しさはないものの劇中スタイルを再現したプロポーションで、少ない立体化の中でもカッコよさはトップではないでしょうか。気になるのは肩の十字と腰周りの空間。シールの付属が難しいのならば別パーツ化して欲しかった所です。

ファイヤージェイデッカーは劇中スタイルに合わせつつ可動域を損なわないようになっているので、ガシガシ動かしたい人も満足出来るクオリティになっています。プロポーション重視モデルの為、アニメからそのまま出てきたかのような出で立ちは、合体ギミックがなくてもプレイバリュー高いアイテムです。腕アーマーは外れやすいので接着してしまうか、取付部を少し太くしてしまうなどがいいと思います。揃えるのにお金掛かりますが、リアルタイムで視聴していた方は感動する一品だと思います。

コメント