コトブキヤ勇者プラモデル スカイゴルドラン レビュー

コトブキヤ

こんにちは、アルコンです。今回はコトブキヤの勇者シリーズ第4弾、スカイゴルドランのレビューです。

スカイゴルドランとして販売されていますが差し替えによりゴルドラン、ゴルソドラン単体も再現出来ます。

ゴルドラン


ラメ成分入りイエロー、別パーツ化されているブラック、クリアーパーツのパワーストーンで劇中カラーが再現されています。スタイリッシュでエッジも効いており、肩の棘はかなり危険。全てではありませんがアンダーゲート化されている部分も多く、ゲート跡は目立ちません。肩や関節に合わせ目が出ます。

手元にタカラ版があったので比較でご紹介。こちらは合体前の状態で、黄金剣士ドラン(合体後は胸部)と黄金竜ゴルゴン(ボディ担当)。

DX玩具では装甲の黄金をメッキで再現し、関節などは別素材なので色分けがされております。黒い部分はシール。

色分けされている分玩具の方が情報量ありますが、コトブキヤ版の劇中カラーの再現は見事です。

付属品

ハンドパーツは握りて、手刀型の平手、開き手、武器握り手が付属。ジェイデッカーより少なくなっています。

主武装のスーパー竜牙剣と鞘が付属。持ち手部分の赤と鍔の形状がきちんと再現されていますが、鍔は接続が非常に緩いので接着剤推奨です。

納刀状態。本体への接続は左側腰部のみ(劇中通りです)。鞘には合わせ目があります。

背部のウイングユニット。この部位は「黄金忍者空影」というロボが変形した姿で、ゴルドランと合体します。赤いミサイルは別パーツで再現。翼は一枚で成型されており、こちらもエッジの効きが凄いです。

こちらがDX玩具版空影。黄金の鳥が変形するロボです。

フレームアームズ・ガールに接続するためのジョイントが付属。

偽勇者「ゴルソドラン」が再現出来る顔、胸部パーツがボーナスで付いてきます。リアルタイムで見ていた世代ですが全く記憶に無く、感想に困る見た目です(;’∀’)

可動域

基本的に関節パーツはジェイデッカーと共通のものが使用されているので範囲も殆ど同じです。

頭部

目元と口は彩色済みで、組むだけで完成度の高い顔が出来上がります。

ゴルゴンの眼と胸部のパワーストンはクリアーパーツで再現。しかしながら差し替えギミックのために取り付け穴が丸見えで非常に残念です。気になる方はここのクリアーだけでも真っ赤に塗装してしまいましょう。

ボールジョイントでグリグリ動かせますが、前後と上下の幅は狭めです。

胴体

腰と胴の2軸なので捻りは良好です。

引き出し式関節なので前後の動きもそこそこです。

背中のゴルゴンの名残も再現。

一応動かせます。

腕部

肩、肘の可動範囲は広めで柔軟です。

勇者プラモ共通の引き出し式関節で前後に広く動かせます。

手首の上部分が引き出せ、角度が付けられます。

付属品の所でお気づきかと思いますが、平手の手甲が黒いです。勇者プラモ共通のランナーを使用しているのでこうなってしまうのでしょうが、素組派には辛い仕様です。ここはもう少し考慮して頂きたいところであります。

脚部

フロントアーマーが可動。後側は固定されています。

フライングベース用の3mm穴が下にあります。

横に45度ほど開きます。サイドアーマーはボールジョイントで取り付けていますが可動に合わせては動きません。

膝立が出来る関節も引き継いでいます。

足首もボールジョイント接続ですが、干渉するので可動範囲はあまりないです。

つま先が動かせます。

足裏のバーニアは別パーツでディテール化されていていい感じです。

武装の一つ、レッグバスターが展開出来ます。

アレンジで内側にディテールが追加されています。

スカイゴルドラン

ゴルドランと空影が大空合体した姿。劇中スタイル再現の為に最小限の姿になったウイングですがディテール、モールドはきちんと作られており、重さで倒れたりすることもありません。

翼は両手を真横に伸ばした状態よりも大きく広げられ、前後に角度が付けられます。ミサイルユニットも動かせます。

DX版スカイゴルドラン。格好いいですが翼が小さめです。

背中がとんでもない分厚さに。合体機構が無いとはいえコトブキヤ版の見栄えは格好いいです。

ポーズ

全身の火器を連射する技、一斉掃射。

引き出し式関節により抜刀ポーズが取れるのは流石の技術です。

反面両手はかなりシビアです。関節は届くのですがハンドパーツが柄を固定するような形で出来ているので、角度調整出来る僅かなスペースがありません。手首の上部分が動くと紹介しましたが、両手持ちさせる時に動かしたいのは手首そのものなのでここもしたい事とかみ合わず。必殺技の一刀両断斬りは何とか再現出来ます。

翼を広げた空中でのポーズはシルエットが大きくなりダイナミックでカッコイイです。

ジェイデッカーと並べて。この2体が統一感ある姿で並ぶのは非常にレアではないでしょうか。

こちらでチマチマ塗装準備しております。グレート出てから塗装予定です。

以上、コトブキヤ製のスカイゴルドランでした。アニメのカラーリング再現、メリハリの効いたボディにエッジ、可動域とゴルドランの立体物の中でも素晴らしいものだと思います。その反面何か突出したものがなく、ちょこちょこ残念な部分があるのが非常に勿体ないです。一番気になるのは共通化されたフレーム。こればかりはメーカーさんのコンセプトなので仕方がないのですが、それぞれの勇者に適した関節を用意した方がもっとクオリティが上がると思いました。

黄金勇者ゴルドラン スカイゴルドラン

価格:6,864円
(2021/2/24 15:44時点)
感想(0件)

コメント