ライガーゼロ製作④(完成レビュー)

ゾイド

こんにちは、アルコンです。今回は完成レビューをしていきます。

・本体(タイプゼロ)

脚部装甲で大きく感じますが、フレームはスマートです。トミー版を持っていたのですが、デザインはそこまで変わってないように思います。シールド、セイバーにあったシリンダーは非可動のものが少々。

・素体

ライガーゼロには「CAS(チェンジング・アーマー・システム)」という武装換装して運用出来る特徴があります。ストライクガンダムみたいな感じです。白い装甲を取り外した画像の状態を「素体」と言い、この状態の時に別装備をつけます。脚部装甲やブースターは直ぐに取り外せるのですが、頭部は少々固めです(フレームが一緒についてくる)。

・頭部

口を最大まで開けています。もう少し角度つけられたら良かったのですが、小さい口で大きく開きすぎると、恰好が悪いのでこのぐらいで丁度いいのかもしれません。


上下の可動域です。上には大きく動かせ、咆哮のポーズなんかも取れます。下にはわずかに動く程度ですが、俯き等は十分表現出来ます。

頭部のたてがみは展開出来るようになっています。

コックピットとゾイドコアです。

・胴体

伸縮出来るようになっており、若干伸びます。後部には軸があり左右に振れます。

背部に搭載している「イオンターボブースター」です。ノズルを引っ張ると装甲が一緒に展開するギミックつき。上下に動かすことが出来ます。

両サイドにある「ダウンフォーススタビライザー」です。横に倒して、引っ張って展開出来ます。

尻尾には関節が設けられているので、グネグネ動かせます。ただ軸が細くて短く、強度もそこまでないので動かしすぎには注意です。

・脚部

可動域が優秀で、90度に曲げて屈むポーズも難なくこなせ、ハの字にも開けます。他のライガー系と違って、爪は非可動です。

肩は別軸になっているので、位置調整が出来て可動の邪魔になりません。

真っすぐに伸ばせ、接地性もいいのでポーズが決まります。

シールドライガーと比べると、胴体がかなりスッキリした造りになったのが分かります。製作のしやすさは言わずもがな。

・感想

組みやすい、可動が良い、スタイル纏まっていると三拍子揃った、動かして遊べる良キットだと思います。取れやすいパーツ、ハメ合わせ難い部分があったりもしますが、HMMの中では高い完成度を持っています。特に脚部が良かったと思います。組み立てやすさと可動域の両立がされていて、シールドライガーと比べるとそりゃもう……。CASの3パターンがマーキングプラスverとして再販されたので、そちらも組んでみたくなります(ライガーゼロが付いてきてしまいますが)。

以上、ライガーゼロのレビューでした。

コメント