アイアンコング製作⑦(完成レビュー)

アイアンコング

こんにちは。今回は完成したアイアンコングのレビューをしていきます。アイアンコング イエティの参考にしていただけたらなと思います。

・全体
※見やすいように武装は外してあります。

全体のバランスとしては、トミー版とほぼ同じです。色分けされた内部フレームやシリンダーで情報量がアップしております。装甲の隙間から見える部分と背中の武器取付部分が燃えます。腕部は太い見た目に反して、胴体を支える力は皆無なので、ポーズを取らせるときは重心を脚に掛けるようにしましょう。

・頭部

目元がトミー版より細くなっているので強面な印象。口は大きく開きませんが開閉でき、上下に歯が付いています。口の中には舌もあるこだわりよう。

コックピットは複座式。コントロールパネルは入れ替えることも出来ますのでお好みで。

首元です。軸ごとスライドする仕組みで、立ち姿勢になった時に頭部をそのまま前に動かせます。

・胸部

左右の装甲は上に開き、内部フレームを見ることが出来ます。中央のゾイドコア台座は着脱可。

腰の捻りはこんな感じで、左右にはあまり振れません。

・腕部

肩アーマーには「10連装自己誘導ロケットランチャー」が搭載されており、赤いハッチは開閉出来ます。ミサイルは別パーツのありがた設計。

可動域はそこそこ。手首はグリグリ動かせます。シリンダーと上腕の装甲が連動して伸縮します。

ゴリラと言えばこのドラミングのポーズ。きちんと再現出来ますが、あまり無理して曲げると負荷が掛かるのご注意を。

軸は前後に動くので可動域も広いです。そして問題点も。肩装甲と腕部PCには、軸の溝に合わせる突起が付いています。溝に合わせて付けると動かしにくくなり、そのまま回すと双方の突起が潰れます。何故に突起を付けたのかよく分からなかったので、私は肩装甲の突起を少し削りました。また、肩装甲付けた後の軸が短い! 腕まるごと落ちやすいです。

指は左右にこそ開きませんが、自由に曲げられ表情がつけられます。

・脚部

本体を支えてくれる、しっかりとした設置性です。ただ、大きく曲げることは出来ません。

親指は2種類あり、画像の物に付け替えると安定感が増します。親指以外は、手と同じように個々に動かせます。

・武装

背部に武装ユニットを取り付けました。この状態がアイアンコングの基本です。

・アンチゾイド6連装ミサイルランチャー

ビーム砲かと思ったらまさかのミサイルランチャー。アイアンコングの主兵装です。弾倉は着脱可能で、中には弾薬があります(半分にしたものを設置している)。

肩のマウント装置を展開して発射体制を取れます。取り外して左肩に付けることも出来ます。

・TVM地対地2連装戦術ミサイル

長距離攻撃用のミサイル。ミサイルは着脱可能、円盤状のパーツは回転させることが出来ます。

・大きさ比較

帝国ゾイドと。腕部とモルガの大きさが同じくらいです。

コマンドウルフとツーショット。ボックスアートの再現が出来ます。

お次は立ち姿勢での比較、MGガンダムと。ガンダムがすっぽり入りそうなほどゴツイです。

立ち姿勢で他ゾイドと。これは単機では到底かないませんね(笑)

最後にライバルのゴジュラスと比較。当時の最強ゾイドに対し、長距離から仕掛けるのがアイアンコングの戦法。この体格差、近接戦になれば分が悪いのは明らかですね。

・感想

箱の大きさの割には組みやすい、というのが素直な感想です。その中でも一番苦労するのは腕部と思います。スタイルも元のトミー版と比べ違和感はないと思います。アレンジが加わった内部フレームやディテールもカッコイイです。ただ、HMMお馴染みの問題点もチラホラ。特に指と胸部装甲はポロポロ落ちます。必要に応じて接着剤の使用をお勧めします。

以上、アイアンコングのレビューでした。気になった方は、次回発売されるアイアンコングイエティを製作してみてはいかがでしょうか(あちらは追加武装が入ってもう少しボリューミーですが)。ありがとうございました!

コメント