HMM004 EZ-026 ジェノザウラー 塗装編

ジェノザウラー リパッケージver

今回はリパッケージver.のジェノザウラーを塗装致します。

後ハメ加等

ジェノザウラーはHMM初期のキットなだけあって合わせ目やポロリが多いので、その辺りを修正しつつヤスリ掛けしていきます。

先ずは頭部。気になるのは下顎。合わせ目が出るので消します。構造はポリキャップに荷電粒子砲⇒上顎⇒下顎の順に挟み込んで取り付けます。

上顎と下顎の取付部を入れ替える、という事をしました。ポリキャップ⇒下顎となるので合わせ目を消しやすくなりました。上下の取付部をカットし、プラ板とパテで接着、強引に入れ替えました。

Twitterでアドバイス貰った所、下顎の一部をカットして後ハメ出来るようにするか、下顎以外塗装、組立てて合わせ目消し、マスキングして塗装というのがいいようです。思い付きで面倒な方法してしまいましたorz

やってしまったものはしょうがない。という事で取り合えず合わせ目消しは完了。今のところ開閉には問題ないです。

側面ダクトの裏側、そのままだとディテールがなくスカスカなのでプラ板を足しました。

こちらは胴体の一部。挟み込み形式の部分が多いので後ハメ加工出来るようにしています。

尻尾は細かく分割されているので工作要らず。エッジ出しをしています。同じ形状の大きさ違いが4つあるので少々手間です。

こちら脚部の一部であるケーブルとダクト。ダクトはフィンと接続部が一体になってしまっており塗装が面倒。ケーブルはがっつり肉抜き穴が。脚部は結構こういうパーツ多いです。

ケーブルの裏はプラ板で塞ぎます。やすった後にスジボリ致します。

脚部側面のフィン。ここも肉抜き穴あります。溝との段差があるのでプラ板で塞いで高さを合わせスジボリします。

大きさ違いのフィンがありまして、こちらは溝との段差が小さいのでパテで埋めました。

これは脚部後ろ側の装甲。他と違ってここだけ裏打ちがなくスカスカなのが見えてしまいます。

Twitterで他の方の作例を真似て自作してみます。ついでにパテで接続ピンを埋めています。

側面と合わせ目が見える箇所に仮で。フレームぽくしてみましたが自分では良く分からないです。塗装するといい感じかも。

脚部には他にも中がチラ見えする箇所があるのでプラ板貼って誤魔化します。

爪や側面の安定器の合わせ目を消します。

踵にある安定器の合わせ目を消します。シリンダーを挟む仕様なので、接着後でも取り付けられるように溝を掘りました。

脚部も挟み込む仕様なので合わせ目が出ます。

装甲等つけば多少目立たないようにはなっていますが加工します。挟む側のピンを切り取り、そこに穴を空けて差し込める仕様に変更してみました。

コメント