ライガーゼロ専用 イエーガーユニット マーキングプラスVer.

コトブキヤ

こんにちは、アルコンです。今回はライガーゼロ専用の「HMM030 イエーガーユニット マーキングプラスVer.」のレビューです。

ライトニングサイクスに対抗するために開発されたイエーガーユニット。背部に大型イオンブースター、姿勢制御ユニットや対物ブレードアンテナを装備した高速戦闘仕様になっています。

こちらのパッケージは「ライガーゼロ」本体と「イェーガーユニット」がセットになったものです。ゼロ本体をお持ちの方は「イェーガーユニット」単体でも販売されています。注意点としまして、本体セットの場合はタイプゼロの白いアーマーは付属しません

全体

濃いめのブルーとホワイトのカラーリングですが、配色はどことなくブレードライガーを彷彿とさせます。

デカール

新規に付属。レオマスターのエンブレムが付いてきます。

ライガーゼロに換装

ブースターでシルエットは大きくなりましたが、各部のエッジが鋭くスマートな印象は損なわれていません。ゼロより装甲面積が増えた分、隅々までモールドが施されています。

後ろからだとブースターやエアインテイクの造形が見えます。

頭部

ブレードアンテナ、中央のフィンが可動します。

フィンにはクリアグリーンパーツが使われています。側面にはバルカンポッド・Mk-22を装備。

胴体

ブースターは首元のユニットに固定させることが出来ます。

外した後のアームは折りたたんで格納出来るようになっています。外したブースターは前後に大きく動かせる可動部を持っています。

格納された「バリアブルウィング」を展開させられます。ここにも細かいモールドが入っています。

カバーを開いてブースターを展開。上2枚のフィンがカバーと連動して動きます。一番下のフィンは手動で動かせます。

展開させると中のバーニアの造形が見えるようになります。

尻尾には「フライングバルカンポッド」を取り付けます。特にギミックはありません。

側面にはバランサーとして機能する「サイドスラスターポッド」を装備。ゼロ元々の可動ギミックを活かして動かせます。

脚部

エアロフェアリング、エアインテイク、ウイングやスラスター等機体制御に関するユニットを装備。

太もものウイングは前後に、脛の物は上下に可動します。

エアロフェアリングの白装甲は可動し、中のディテールが見えます。

ポーズ

各所にユニットを装備していますが、ライガーゼロが持つ可動域を損なうことなく柔軟に動かせてポーズを取らせることが出来ます。

以上、イエーガーユニットのレビューでした。他ユニットと違い目立つ武装は追加されていませんが、高速戦闘用装備ということでブースターやウイングなどの可動ギミックが楽しめます。ユニットの取付は簡単に行えますが、一部に細いピンを使用しているので分解する際は注意が必要です。

コメント