スーパーミニプラ 忍者戦士飛影Vol.1(飛影&黒獅子)製作④

ほかプラモ

こんにちは、アルコンです。今回は飛影と黒獅子それぞれのレビュー、獣魔への変形をしていきます。

・飛影

合体要素のあるプラモデルですが、スタイル崩壊しているような箇所がないです。皆がイメージする飛影そのままといってもいいと思います。顔などの細かい部分が彩色済みなので、より質の高いものになっています。

上半身。頭部はボールジョイントで可動良好。腰も干渉する箇所なく大きく捻られます。腕部は折りたためませんが90度曲げられます。

脚部も付け根がボールジョイントなのでいろんな向きに動かせます。足は合体の恩恵で折りたためます。

武装は最低限のものが付属。

ポーズ決めてご紹介。バトルショットブレード(忍者刀)です。

鞘を兼ねた武器、バトルショット破剣銃です。

太もものパーツを差し替えて、マキビシランチャーを展開出来ます。

関節が柔らかいので自由なポーズが決められます。

・黒獅子

元のデザインが中々ゴツイですが、全体を見ると綺麗にまとまっています。成型色も劇中イメージに近い黄色になっています。腕部などにある、忍者らしい網目がいい感じです。

上半身。頭部はボールジョイントでグリリと。肘は90度までですが、肩関節が前に引き出せるのでポージングには不自由しません。

腰の捻りは殆どないといっても言いです。脚部は深く曲がり、一応片足立ちも出来ます。

武装をご紹介。メタリックグリーンの刀身が綺麗なビームカタナ。ビームの刃なら刀じゃないとか思ってないです。

身の丈程ある忍者刀です。彩色済みの柄がきれいです。

唯一の射撃兵装、ガトリングガン。肩関節が前に出せる様設計されているので、両手持ちが出来ます。

メーカーさんのブログに載っていた姿。保管する際、これでガトリングガンを無くさずに済むらしいです(笑)

・獣魔

飛影と黒獅子が合体して「獣魔黒獅子」になります。

まずは飛影の合体準備から。手と腰部後ろのアーマーを外します。背中の穴に合体用のジョイントパーツを付け、手足を後ろに曲げて完了です。細かい角度は合体時に調整します。

黒獅子の準備。頭部と首ジョイント、手を外します。首にある襟のようなパーツは後々使います。

胸部にしまってある顔を起こします。胸部の中にある2本の黒いピンを起こします。飛影はここに収めます。

肩を曲げ、爪を起こして前に向けます。

続いて脚部。側面の外装をずらして引っ張ります。

裏側。シルバーのパーツを中に動かします。

足の裏が太ももの上に来るまでずらし、腕部(前脚)と向きを揃えます。尻尾を後ろに向け先端の黒いパーツを180度反転させて黒獅子も準備完了。

飛影を胸部に取り付け、襟パーツを脇に付けて完了です。飛影を付ける時、差し込む穴が見えないので少々付けにくいです。

合体完了、獣魔黒獅子です! このモードだと人型のときのようなゴツイ印象はなくなり、全体のバランスも整っています。

別売りのベースを使えば、躍動感溢れるポーズが取れます。

忍者刀を咥えて突撃するシーンも再現出来ます(固定は出来ず、ホントに咥えているだけ)。

・おまけ

塗装してみました(詳細はこの記事です)。

・感想

さいながらも本当によく出来ているのが分かるスーパーミニプラ。特に飛影は10cm程の大きさにも関わらず、可動域が広くて動かしていて楽しいです。飛影だけ買うのも全然ありだと思います。黒獅子も特に不満点はございません。強いて言えば可動部分は動かしていると経年劣化でユルユルになると思いますのでご注意を。

以上、スーパーミニプラ 飛影&黒獅子でした。次弾の鳳雷鷹も仕様が公開され、楽しみでございます。

コメント