HGガンダム THE ORIGIN版製作⑥(完成レビュー)

ガンプラ

こんにちは。発売されて1週間になってしまいましたが、レビューしてみたいと思います。

画像は前期型です。全体的なシルエットはそのままに、上半身の武装が目を引きます。TV版にくらべ、かなりの火器を搭載しています。

各部合わせ目は段落ちモールドになっていますので目立ちません。

後ろにはシールドと武器マウント穴があります。

・可動域

先に発売された局地型ガンダムと共通のフレームを使用しています。

腕は水平になるまで上げられます。

肩はボールジョイントで、ここまで引き出せます。

90度近くまで曲げられます。

腰はボールジョイントなのでグリグリ動かせます。

前後に大きくそらせることも出来ます。

腕部同様90度近くまで曲げられ、膝をたてるのもお手のもの。

裏には展開式バーニアがあります。

・武装

前期型ビームライフル。グリップ部分のボックスが印象的です。

中期型ビームライフル。お馴染みのデザインです。

ハイパー・バズーカ。グリップが上下に動かせるので肩に担ぐのも問題なしです。

脇に抱えることも出来ます。

ビームサーベル。

前腕部ガトリングガン。前期型の左腕部に装備します。

ショルダー・キャノン。こちらも前期型での武装です。

胸部右側にバルカン砲、左側にショルダー・マグナムを搭載しています。

細かい角度も付けられます。

・本体

胸部、肩アーマー、武装の付け替えで中期型に変更することが出来ます。中期型では武装のほとんどが外され、左右対称のデザインになります。

前期型素立ち。

中期型で、アニメOPのワンシーンみたくポーズとってみました……出直してきます( ;∀;)

背面撃ちポーズ。

・簡単仕上げしました

V字アンテナのピンを切り落とし、前期、中期で分かれる肩パーツのピンを切りました。これでバラさずに付け替えられます。ポロリも問題なし。デカールを貼って各部モールドに墨入れ、メインカメラ等を部分塗装し、つや消しスプレー(水性)で簡単仕上げしました。成型色が鮮やかなので、好みの艶にするだけでも十分なクオリティです。最近のプラモデルは本当に凄いですね。

以上、ガンダムオリジン版でした。ようやく発売されたRX78-02ガンダム。今までのも欲しくなってきますね。これからのラインナップに期待です。

コメント