コマンドウルフ リパッケージver 製作⑤(完成レビュー)

コマンドウルフ リパッケージver

こんにちは、アルコンです。今回はコマンドウルフのレビューでございます。

・本体

各部にエッジや細かいモールドが入った、スリムなデザインです。関節キャップのオレンジが目立ちます。

各部の外装は、少しだけですが可動に合わせて動きます。スラリとした脚部にメッキのシリンダーが映えます。

・頭部

上下の可動域。下にはあまり向きませんが、脚部の動きと合わせると充分だと思います。上には大きく動かせますが、首の下がパーツなくてスカスカなので少々恰好悪くなります。

左右にも動かせます。2段関節なのがいいです。

コントロールパネルは前後させられます。問題は下顎。画像の状態で”最大”に開いております。全く格闘戦向いてないですね(笑) 広げるには大掛かりな改造が必要かと。

・胴体

私は詳しくないのですが、どう見てもバイクな造形。フレームは2色使われていて、情報量アップしています。

後部が曲がります。大きくは動きませんが、小柄な体型なのでポーズは十分取れます。

胴体下のケーブは動かす度にすっぽ抜ける、このキット最大の問題児。瞬間接着剤でくっつけてしまいましょう。

・脚部

可動域はこんな感じです。シリンダーは可動しません。足首の角度があまり付けられないのは個人的にはマイナス。

グッと伸ばして、伏せが出来ます。オオカミの可動域としては十分すぎると思います。足裏のモールドも細かく出来ております。

・武装

50mm対ゾイド2連ビーム砲

マンドウルフの標準装備です。

360度回転する台座に、上下に大きく動かせるビーム砲となっています。コックピットが付いており、きちんと乗せられます。

・ロングレンジライフル

胴体と同じくらいある武器です。アーバイン仕様にあったものが、成型色を白に合わせて付属しています。

こちらにも座席が付いています。360度回転、上下可動も出来ます。

アタックカスタム用武装

先に発売された「コマンドウルフ アタックカスタム」のものを、成型色を白にして付属。前脚左右の武器は設定通りに付けていますが、穴が合えば入れ替えたり、他ゾイドのカスタムパーツとして使えます。

2連ビーム砲と同じ可動域ですが、ウイングの干渉が激しいです。上下に動く軸がついているのでポーズを取るときはずらしながらで。

キャノピーをスモークブラウンに変更して、並べてみました(オレンジの方は塗装済みの物)。渋くてカッコイイですが、関節キャップの色がバランス悪いです。

・感想

ポロリしたり残念な部分もありますがライガー系に比べ組みやすく、可動域も広いコマンドウルフは、HMMシリーズの中でも傑作だと思います。元キットに武装が追加さているのでお値段が上がっておりますが、その価値はあると思います。HMMシリーズの中でもオススメです。

以上、コマンドウルフのレビューでした。ありがとうございました!

コメント