HMMブレードライガーAB製作⑧(塗装完了)

ゾイド

前回進めていたブレードライガーの塗装が完了しました。

外装

あの鮮やかな青を真っ黒にしました。黒下地⇒ガイアノーツ アルティメットブラックで塗装。以下シリンダーディテール以外は全てつや消しで仕上げております。

胴体

逆に胴体のパーツは白下地⇒スカイブルーに少し黒を混ぜて彩度を抑えたもので塗装しました。何故こうしたかは組立後に。

関節キャップも派手に仕上げております。

脚部

脚部、尻尾、ショックキャノンはグリーンにブラックを少量ずつ加えて調色した、深緑にしました。

アンクルガードとブレードアンテナ、尻尾先端の白部分を白下地⇒黄緑で塗装。こちらは多めのイエローにスカイブルーを少量ずつ加えて調色しました。ブルーだと色が深すぎたので今回はスカイブルーが正解でした。

ブレード・爪

ゴールドだったものは全て白下地⇒アルティメットホワイトで出来るだけ真っ白にしました。

各所スジ彫りを直したのですが所持していたBMCタガネが折れてしまい、急遽購入した刃で代用したのですがこれが良くなかった。安物だと切れ味悪くてバリが出まくりで最悪の出来です( ;∀;) 皆さんもプラモデルを始める時はまず刃物にお金を掛けるようにしましょう。

シリンダー・その他

シリンダーはこだわりなかったので黒下地⇒普通のシルバーで塗装。ゴールド部分はミッドナイトブルーをそのまま吹いています。

コックピットの操作パネルは筆塗でそれっぽく。元々ディテールがあったので簡単に出来ました(はみ出ておりますが)。

グレー一色だった座席はニュートラルグレーを吹き、パイロットが座る部分をマスキングしてレッドブラウンを吹いてそれっぽくしております(はみ出ておりますが2)。

キャノピーはオレンジのまま、マスキングして外枠を黒にしました。

裏側。結構綺麗に出来ました。時間を掛けたマスキングは裏切らない。

組立

こんな感じになりました。何故こんなカラーリングかというと、こちらはかつてトミーから発売された「ブレードライガー 森林夜戦仕様」というアジア限定カラーで発売されたものをHMMキットで再現してみたからです。ネットで中古玩具を探していた時に偶然見つけてカッコイイと思ったので実行してみた次第です。

こちらはネットで拾ってきた画像です。このようなカラーリングで発売されていました。

ポーズ

胴体が水色でかなり派手ですが、白いブレードというのが個人的には斬新で気に入っております。正直、わざわざブレードライガーで夜の森林で戦う必要あるのかと思います。ブレード絶対邪魔でしょうに(^-^; まぁ限定カラーということでツッコミは無しで! ぜひHMMで新たなカラーバリエーションのライガーを出していただきたいです。

以上、ブレードライガーの森林夜戦仕様への塗装でした。細かいディテールの塗分けは行わず単色をそれぞれ吹いただけなので塗装自体は簡単でした。しかし合わせ目が非常に多く、下処理にかなり時間を取られてしまいました(^-^; 楽しく進められましたがパーツ数が多く、初期HMMの塗装は結構大変だというのを改めて思い知りました。時間が出来たら塗分け、デカール貼りをいつかしようと思います。

コメント